猫への肥満対策と食事管理のポイント!体はかわいいけど病気の原因にも

猫への肥満対策と食事管理のポイント!体はかわいいけど病気の原因にも

かわいい動物の動画など、SNSなどで拡散されるものに「太った猫」がゴロンとしていたり、床を滑っているようなものを見かけたことはありませんか?

こういった動画は癒やしを与えてくれる一方で、猫の身体には大きな負担がかかっている可能性もあるんです。猫の肥満対策や体重管理は人間以上にシビアなもの。

今回は、猫の肥満対策や食事管理を中心に「猫にとって肥満が身体にどのような影響を与えるのか」といった具体例までを紹介していきます。

猫にとっての肥満が危険な理由

まるまるとした猫を見ているとかわいいと感じることはおかしいことではありません。しかし、私達人間が思っている以上に、猫にとっての肥満とは異常事態であることも多いのです。

成猫の肥満の基準は猫の種類でも変化しますが、日本猫であれば1つの目安として6kg以上になると肥満と判断されることがあります。

同じ日本猫の成猫の平均的な体重は3.5kg~5.5kgほどだとされていることから、6キロを超えると抱っこなどをしていても違和感を覚えるかもしれません。

仮に、間の4.5kgを猫の平均的な体重だとすると、6kgの段階では平均体重から約1.3倍の体型になっているという訳です。

体重が人間の60kgで言えば、1.3倍になれば78kg。太ったのが一目で分かってしまいます。

さらに身体の構造も人間と猫では大きく違うため、人間よりも肥満による問題が大きいと言われているのです。

※猫の体重は個体差もあるため、正確な肥満の判断は獣医師に診察してもらいましょう

肥満の猫は危険がいっぱい!

では、実際に猫が肥満になると、どういったリスクが考えられるのかを紹介していきます。

猫の糖尿病リスク・心臓などへの負担増大

猫の肥満はインスリンホルモンを効きにくくしてしまいます。また、人間と同じく血管や心臓などへの負担も大きくなります。

気管の圧迫

猫の肥満は脂肪が気管を圧迫して、呼吸に問題を起こす気管虚脱の原因や悪化のリスクも指摘されています。症状が酷い場合には生死に関わる問題です。

関節などへの負担

猫は本来は運動性に優れた生き物ですが、肥満によって体重が重くなると運動量が減少して身体を支えている関節などへの負担も増大します。

手術などを難しくする原因

何かの問題がキッカケで動物病院で手術などをしてもらう場合にも、肥満は麻酔や処置に関して影響を及ぼすと言われています。

猫の肥満(体重管理)は命に関わることも多い

獣医師さんによっては猫が肥満であることは「病気」だと指摘されることもあるほど、様々なリスクが存在しています。

そこで、大切になるのが、普段からの食事管理や適度な運動です。

特に間食やおやつが多い猫に関しては太りやすい原因になってしまうことから、摂取カロリーなどをしっかりと決めた上で、決まった時間に餌を与える必要があります。

食事の管理方法や摂取カロリーを適切にすることで、猫のダイエットが可能になることもあります。

ペットフードやおやつの間違った食べさせ方とは?

よくある間違った餌の与え方として「ペットフードに記載されたカロリー」を目安に餌を与えていることがあります。

ペットフードに記載されているカロリーや目安はあくまでも「単体」で与えた場合です。

他におやつの時間などを設けているという場合には、そのおやつのカロリーなども考慮する必要があります。

例えば、少し太ってきたことを気にしてせっかくの減量フードに切り替えても、カロリー計算が出来ていなければ体重を減らすことは難しくなります。

飼い猫が甘えてくると、ついつい餌をあげたくなるものですが、それが愛猫にとって良いのか、それとも今はダメな時なのかをしっかりと判断してあげることも健康的に暮らしていくためには必要なことです。

忙しくて食事管理が難しい時の便利用品

飼い猫の気分やタイミングにもよりますが、食事を与える時間がバラバラになったり、量が一定にしにくいという場合には、餌やりを自動的に行なってくれるペット家電の利用も有効です。

食事管理でダイエットを目指す場合には、カロリー計算や食べる量の調整は必須。

ですが、毎食手作業になってしまうと飼い主側が続かなくってしまい、肥満問題が解決しない可能性も十分にあります。

そんなときは新鮮な餌やりを自動化する自動給餌器が便利です。

自動給餌器とは

自動給餌器は、旅行や仕事などで家を留守にするときに、自動でペットに餌を与えることができるものです。出かける前に予め設定した時間に決まった量を自動補給出来ます。

外出機会の多い飼い主の方や、なかなか時間の調節が難しいという飼い主の方にはぜひ活用して頂ければと思います。

愛猫の健康リスクをしっかりと把握して、少しでも元気に生活していきましょう。

かわいい動物の動画など、SNSなどで拡散されるものに「太った猫」がゴロンとしていたり、床を滑っているようなものを見かけたことはありませんか?

こういった動画は癒やしを与えてくれる一方で、猫の身体には大きな負担がかかっている可能性もあるんです。猫の肥満対策や体重管理は人間以上にシビアなもの。

今回は、猫の肥満対策や食事管理を中心に「猫にとって肥満が身体にどのような影響を与えるのか」といった具体例までを紹介していきます。

猫にとっての肥満が危険な理由

まるまるとした猫を見ているとかわいいと感じることはおかしいことではありません。しかし、私達人間が思っている以上に、猫にとっての肥満とは異常事態であることも多いのです。

成猫の肥満の基準は猫の種類でも変化しますが、日本猫であれば1つの目安として6kg以上になると肥満と判断されることがあります。

同じ日本猫の成猫の平均的な体重は3.5kg~5.5kgほどだとされていることから、6キロを超えると抱っこなどをしていても違和感を覚えるかもしれません。

仮に、間の4.5kgを猫の平均的な体重だとすると、6kgの段階では平均体重から約1.3倍の体型になっているという訳です。

体重が人間の60kgで言えば、1.3倍になれば78kg。太ったのが一目で分かってしまいます。

さらに身体の構造も人間と猫では大きく違うため、人間よりも肥満による問題が大きいと言われているのです。

※猫の体重は個体差もあるため、正確な肥満の判断は獣医師に診察してもらいましょう

肥満の猫は危険がいっぱい!

では、実際に猫が肥満になると、どういったリスクが考えられるのかを紹介していきます。

猫の糖尿病リスク・心臓などへの負担増大

猫の肥満はインスリンホルモンを効きにくくしてしまいます。また、人間と同じく血管や心臓などへの負担も大きくなります。

気管の圧迫

猫の肥満は脂肪が気管を圧迫して、呼吸に問題を起こす気管虚脱の原因や悪化のリスクも指摘されています。症状が酷い場合には生死に関わる問題です。

関節などへの負担

猫は本来は運動性に優れた生き物ですが、肥満によって体重が重くなると運動量が減少して身体を支えている関節などへの負担も増大します。

手術などを難しくする原因

何かの問題がキッカケで動物病院で手術などをしてもらう場合にも、肥満は麻酔や処置に関して影響を及ぼすと言われています。

猫の肥満(体重管理)は命に関わることも多い

獣医師さんによっては猫が肥満であることは「病気」だと指摘されることもあるほど、様々なリスクが存在しています。

そこで、大切になるのが、普段からの食事管理や適度な運動です。

特に間食やおやつが多い猫に関しては太りやすい原因になってしまうことから、摂取カロリーなどをしっかりと決めた上で、決まった時間に餌を与える必要があります。

食事の管理方法や摂取カロリーを適切にすることで、猫のダイエットが可能になることもあります。

ペットフードやおやつの間違った食べさせ方とは?

よくある間違った餌の与え方として「ペットフードに記載されたカロリー」を目安に餌を与えていることがあります。

ペットフードに記載されているカロリーや目安はあくまでも「単体」で与えた場合です。

他におやつの時間などを設けているという場合には、そのおやつのカロリーなども考慮する必要があります。

例えば、少し太ってきたことを気にしてせっかくの減量フードに切り替えても、カロリー計算が出来ていなければ体重を減らすことは難しくなります。

飼い猫が甘えてくると、ついつい餌をあげたくなるものですが、それが愛猫にとって良いのか、それとも今はダメな時なのかをしっかりと判断してあげることも健康的に暮らしていくためには必要なことです。

忙しくて食事管理が難しい時の便利用品

飼い猫の気分やタイミングにもよりますが、食事を与える時間がバラバラになったり、量が一定にしにくいという場合には、餌やりを自動的に行なってくれるペット家電の利用も有効です。

食事管理でダイエットを目指す場合には、カロリー計算や食べる量の調整は必須。

ですが、毎食手作業になってしまうと飼い主側が続かなくってしまい、肥満問題が解決しない可能性も十分にあります。

そんなときは新鮮な餌やりを自動化する自動給餌器が便利です。

自動給餌器とは

自動給餌器は、旅行や仕事などで家を留守にするときに、自動でペットに餌を与えることができるものです。出かける前に予め設定した時間に決まった量を自動補給出来ます。

外出機会の多い飼い主の方や、なかなか時間の調節が難しいという飼い主の方にはぜひ活用して頂ければと思います。

愛猫の健康リスクをしっかりと把握して、少しでも元気に生活していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です